スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|編集

55キャップ闇王戦 ~準備編~ 

闇王に挑むメンバーはこうだ※実名

Suppaman 戦(ガルカ)

でるぷさん モ(ガルカ)

てぃらさん 白(ミスラ)

すかいさん 白(タルタル)

くろろさん 黒(タルタル)

ヒュム♂ 詩(ヒュム)

前衛と後衛に分けて少し述べておくと
まず後衛の【白白黒詩】の4名

ヤグドリぶっぱ+バラバラ+白の回復交代制

この4人ならMPの心配はまず無いと思っていい。
ナナ白黒詩 なみの安定感を出すと思う

そして前衛。
ガルカ+ガルカ=パワーーーーーーーーーーッ!

もうこれしか無い。ネタが古い。

まず、闇王戦で負けるパターンの王道がある。

初めのウチは順調

そのうちタゲが弱くなる

ふらふら

物理無敵魔法無敵が来て焦る+マラソンするorガチ勝負

後衛にも状態異常+ダメ

タゲさらにふらふら

MPオワタ

全滅

こうである。
まず、闇王の攻撃が痛すぎて、タゲがふらつくんだ。
そして闇王が物理無効をする度、マラソンしたりピンポンしたりする
そこで上手くいかないとそのあと詰む(というかだいたい上手くいかない)

つまり、タゲがふらつか無ければ勝てる。

そう考えたのだ。
戦士とモンクでどうやるかというとだな。

戦54/獣5

戦54/獣5

あとはわかるな・・・?

【あやつる】んだよおおおおおおおおおおお!!!!

●あやつる
再使用時間15秒。Lv1~。
モンスターをあやつり、自らのシモベとする。

一部ではエフェクトがエロいと評判で、効果音もそれを助長している



あのころのFF11にはあやつるに挑発並の瞬間ヘイトがあったのだ。
30秒ごとに挑発連射+15秒ごとにあやつる連射

最強すぎる・・・。と思う。
この戦法ならタゲは絶対にふらつかないはずだとそう考えたのだ。

そうしていよいよ
ハイポにヤグドリに準備が整い、
いよいよ日程も決め闇王とのラストバトルである。

と、その前にもう1つ準備をしておくことがある。
最も重要な準備だ。

当時、我が家のインターネットはISDNであった。
0.06MByte/S、今で考えたらありえないだろ。
こんな速度だしマイファーザーも別室でインターネットを使っていて
2人が同時に使うとラグが発生する。
酷いときになるとラグラグでプレイ不可になるほど。

そしてなにより、うちのファーザーは
寝るときにISDNの接続を切ってから寝る癖があったのだ。
やべぇw

どうゆうことかというと、

自分の部屋でFF11をする

夜も遅くなってくる

ファーザーが寝るときにISDNのスイッチを切る

赤玉回線落ち

オワタ

という最悪のパターンだ。
闇王戦の時に回線落ちなんてあったら申し訳がつかない。
そしてラグも起こること自体がやべぇ、命取りになる。

闇王戦 決戦当日 俺はマイファーザーに頭を下げた。


「大事な戦いがあるんだ、今から30分でいい、
         インターネットは使わないでくれ・・・頼む・・・ッ」



俺のFF11はリアルに影響を及ぼした。

戦闘編につづく。
スポンサーサイト
[ 2010/03/06 20:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)編集

55キャップ闇王戦 ~決意編~ 

FF11の昔話でもしようか。

なんかニコニコの55キャップ闇王戦が盛り上がっていたのでね。
何を隠そう、この私も55キャップで闇王を攻略していたのだ!
当時を振り返ってみようと思う。

あのころの私は典型的なサポシなガルモンク。
ちらほら55キャップで闇の王討伐したという話を聞くようになってからかな
中の良い人を集めて闇の王倒すか~、みたいな流れで企画が立った。

その仲良くてかつ「闇王倒す」という熱意を持った方々は以下である。

・モンク(俺)or 戦士
サポシは27まできっちり上がってなかったかもしれない。
あとちゃっかり戦士53くらいまで上がっていたのだ!

・白
ミスラさんにゃあ、同じLS

・白
タルタル

・黒
タルタル、同じLS

・モンク
ガルカ2枚目



この5名である。なに?FF11は6人PTだ?そんなの関係ねェ!
そしてそして闇王戦必須として当時上げられていたジョブというのがありまして

①ナイト(2枚は欲しい!)
挑発+ケアル+連携要因+インビン+ホーリー
あらゆる面において必須。絶対必須。

②白魔道士(2枚でもいい!)
すべての要+ホーリー。いないと勝てないだろ。

③詩人
当時レアジョブ。バラードのポテンシャルは計り知れない。
居る居ないでは、PT全体のMP持ちが天と地の差がでる。
討伐成功率がぐーんと跳ね上がるほど必須。

④核熱要因(ナイト、戦、モ)
挑発持ってるとサイコーネ!



とまあなんだ。
このジョブ持ってないやつはクリア出きないと宣告されている程の必須度と思っていい。
ナ1枚の時点で相当きつい。詩人いないと絶望的。挑発1人じゃ不可能。
そんな感じだったろうか。

つまり、仲間を集めたはいいが、どうやら我々の構成では勝てる見込みは少ない。
というよりむしろ勝てない!勝てるわけがない!

白白黒 まではいい
モモ ってなんだよ。盾イネージャンみたいな

慌てないでほしい、現在5人なのであと1人誘えるんですよ我々。
有能な人材をハントしてですね、PTの戦力を底上げすることが出来るのだ
+1人誘うとしたら「ナイト」でしょうかね
そうすると

ナモモ白白黒

なんか強そうじゃん。勝てそうじゃない?
乱撃→レタス→乱撃→ドッカーン→プォォォン!ズギューンx3
すげー強そう。はっきり言う。リアルにこの構成はすげー強い。
相手が骨なら、速攻終わる。

今回の相手は闇の王。
物語のラスボス。FF11のラスボス、闇の王。
はっきり言う。

勝てないのだ。

奇跡的に勝てるかもしれん・・・しかしたぶん勝てないと思う。
まず、詩人がいない。この時点で終わってる。
そして約2名がMP無し。ただ殴るだけ。極めつけに

モx2「ハイポそんな用意できないぜ?w」(銭無し)

希望すら無いのだ。
俺が戦士をやったとしてもPTの総合力はあんま変わんないと思う。
独断でナイトを誘うのは却下にした。鋼鉄嫌いだったしな・・・。

で、詩人誘うの?

戦(俺)モ白白黒詩 ?

ナ 0(笑)


祝福2枚あってもインビンないから確実に白が逝っちまう。
その前に俺とモンクが絶えきれなくて死ぬな。そして火力も低い…

このあたりでもう2つに別れて野良にはいって挑戦するかー、だとか
きっぱり諦めるか、というところまで話した気がする。
やるとしても全財産をつぎ込むくらいのお金が吹き飛ぶことが間違いないしね。

でもでも
俺はちょっとアイデアがあってどうしてもそれで挑戦してみたかった。
みんなに1人1人確認してみると

やっぱ挑戦するだけ挑戦したいみたい。
仲いい人でやりたいって言ってくれた。

今回のテーマは「絆」

まさにそうだった。

とにかくそれからキャップ近くの詩人さんに声をかける毎日だった。
レアジョブでバラ2持ってて、闇王行きたいって人があんまいないんですよ。
よく見る詩人さんはみんなLSに囲われているし。

で、参加してくれたのがヒューム♂の詩人さん。
なんとこの方♂なのにヤグドリが絞れる。すげェ!
今だから言えるがちょっと発言がよく分からない詩人さんだった。

とこんな感じでやる気に満ちた(?)6人が集まったのだ。

戦モ白白黒詩

つづく

見てる人いないだろ…




[ 2010/02/21 05:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)編集

あれ・・・ 

FFのこと


垢ハックにあっておりスクエニに報告


「そのような事実は見られません。」


よろしい、ならば削除だ


という話


今は大学院生活なのだけど


忙しさと辛さがパネェ


もうゴールしてもいいよね
[ 2009/09/18 09:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)編集








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。